電子紀要 第10号

2009年7月発行
政治意識研究の歴史とその展望
木村 純 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
満州事変勃発前後の『満洲日報』に関する一考察―国策会社・満鉄の機関紙の論調の変化とその背景―
佐藤 勝矢 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・11
企業通貨における電子マネーの現状と将来性
安岡 寛道 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23
日本語言語文化における主体性の研究―中国人学生の誤用分析を中心に―
稲村 すみ代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・31
法廷通訳と言語等価性―被告人質問の検証―
毛利 雅子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・41
ハイデガーと宗教
淺野 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・49
中世武士の生死観(5)―『保元物語』、『平治物語』における「死にざま」の諸相―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61
職場のメンタルヘルス対策の現状と課題―組織介入の視点と「組織の健康」研究への展望―
小川 邦治 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73
斎藤茂吉と欧州留学(1)―ウィーン大学神経学研究所―
小泉 博明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・83
わが国の大学博物館の閉鎖性―東京大学理学部博物場を事例として―
守重 信郎 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・95
女性派遣社員の評価に関する研究―コンピテンシー尺度を使って―
山内 柳子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・103
2009年11月発行
現代中国の言論空間―雑誌『炎黄春秋』をめぐる政治力学―
及川 淳子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・111
香港、広州の百貨店―先施百貨公司を中心に―
菊池 敏夫 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・123
文化芸術の鑑賞活動―学校教育での映像オペラの活用―
鈴木 満由美 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・135
人的資源管理理論と中国における人的資源管理
廣瀨 俊 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・147
戦後の日本の公的機関が規定する住宅建設、都市整備ならびに都市再生
森 忠彦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・157
『旅の仲間』に見る色彩表現の機能と効果―人物描写の場合―
川原 有加 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・169
ジョージ・マクドナルドの「巨人の心臓」に関する一考察
山田 敦子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・181
ハイデガーにおける「無」
淺野 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・193
中世武士の生死観(6)―『平家物語』における「死にざま」の諸相―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・205
斎藤茂吉と欧州留学(2)―ドイツ精神病学研究所―
小泉 博明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・217
楽器収集と展示の先駆者:水野佐平の研究
守重 信郎 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・241
2010年2月発行
米国発国際金融危機と世界同時不況―危機拡大のメカニズム―
小松 憲治 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・251
オペラ鑑賞と生涯学習―ロシア・オペラを考察して―
鈴木 満由美 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・263
木戸幸一の認知構造の把握―認知科学による戦争責任の検証―
竹田 勇吉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・275
タイヤル(泰雅)族の朗唱の諸相
伊藤 順子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・287
J. R. R.トルキーン『二つの塔』における〈光〉の描写の色彩表現
川原 有加 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・293
C.S.ルイスのキリスト教的ヴィジョン―The Screwtape Lettersの場合―
桜井 直美 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・305
安西均における生と死―ものを見る目―
柴崎 聰 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・313
大城立裕と沖縄のユタ文学
宮川 耕次・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・321
「実在」について
淺野 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・331
中世武士の生死観(7)―『太平記』における「死にざま」と「生きざま」の諸相―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・343
ヘーゲル論理学における「端初」の概念
川太 啓司 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・355
斎藤茂吉と青山脳病院再建
―青山脳病院院長就任―
小泉 博明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・365
日本の公的機関による都市再生に関する一考察
<日本の経済・消費・市場動向と都市再生>
森 忠彦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・377