電子紀要 第9号

2008年7月発行
共同物流による事業戦略の事例研究―競争優位なサプライチェーン構築の為に―
小林 二三夫 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
議会の官僚制への委任に関する考察
田村 直彦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
大東亜共栄圏構想の成り立ちと国益
中尾 幸 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
クルグズスタンにおける国家意識―マナス英雄叙事詩と国家性2200年―
中西 健 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・29
汪精衛政権下、総動員体制の構築と民衆
堀井 弘一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・39
「抑止」に関する一考察―第4次中東戦争を中心に―
三嶋 哲 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・51
心理学におけるジェンダー・ハラスメントに関する文献的研究
小林 敦子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・63
コンピュータ使用頻度と使用フォントの相違がコンピュータ画面からの情報取得量に及ぼす影響
元木 芳子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・73
中世武士の生死観(2)―中世武士と祖師の交渉―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・81
斎藤茂吉と呉秀三―巣鴨病院の時代―
小泉 博明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・93
2008年11月発行
近代化への幕末世代の適応―『満洲紳士録』による事例分析―
小峰 和夫 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・105
認知科学をもちいた広田弘毅の研究―太平洋戦争期の政策決定過程を事例に―
竹田 勇吉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・117
官僚制の裁量に関する考察
田村 直彦 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・129
中国進出日系企業の現状と課題に関する一考察―日本型経営とグローバル化について―
廣瀬 俊 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・139
汪精衛政権下、新国民運動の理念と組織をめぐる相剋
堀井 弘一郎 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・151
「信頼できない語り手」による比喩世界―カズオ・イシグロの『日の名残り』―
髙梨 光子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・163
トマス・ハーディ『カスターブリッジの市長』に見る聖書引用の諸相と機能
戸恒 三恵子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・173
ウィリアム・フォークナーのヨクナパトーファと大城立裕のオキナワとの比較考察―アイデンティティ、文学性―
宮川 耕次 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・185
人間本性と形而上学
浅野 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・197
現代の健康観とその諸問題―健康観の諸要素をめぐる分析―
伊藤 ちぢ代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・209
中世武士の生死観(3)―中世武士と一遍・時衆の周辺―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・221
2009年2月発行
グローバリゼーションの歴史的展望―その功罪を問う―
小松 憲治 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・233
『源氏物語』における和歌の対訳研究―「桐壺」の中国語訳を中心に―
呉 川 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・245
現代中国の言論空間における「一二・九知識人」
及川 淳子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・257
物語としての政治意識
木村 純 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・269
新聞の報道競争から見た柳条湖事件報道―支那兵による満鉄線路爆破の証拠報道と軍部の情報操作―
佐藤 勝矢 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・281
ソ連・ロシアの軍事戦略における潜水艦の意義
尺田 隆一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・293
農村地域における結婚移民女性の社会的文化的状態―新潟県南魚沼市におけるサーベイ調査―
武田 里子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・305
WTO体制下における地域貿易協定の検証
堀内 博 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・317
日本の中小自動車部品メーカーの生き残り戦略
森 浩典 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・329
泰雅族の朗唱の研究
―泰雅族を例として口頭文化の変容を考察する―
伊藤 順子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・339
ありのままに語ること―公民権運動時のアフリカ系アメリカ人の語りにみるラップ・ミュージックの起源―
斉藤 千絵 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・349
石原吉郎とキリスト教との出会い―北條民雄からキリストへ―
柴崎 聰 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・361
『和泉式部日記』における女と宮の視点―「手枕の袖」の場面を中心として─
高野 祥子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・367
藤原定家『下官集』に関する一考察―かな書道作家の視点で―
吉田 紀恵子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・379
若きハイデガーの業績
淺野 章 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・391
聴覚の生理的左右差
石津 希代子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・403
中世武士の生死観(4)―中世武士の人倫的生死観―
大山 眞一 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・413
斎藤茂吉と長崎―長崎医学専門学校時代―
小泉 博明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・425
日本語言語文化における主体性の研究―他動詞再帰構文を中心に―
稲村 すみ代 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・437