大学院総合社会情報研究科(博士前期課程)の3つのポリシー

 
入学者の受入れ方針(アドミッション・ポリシー)

  「現代社会の種々の活動領域で,高度な専門的かつ総合的な認識力・判断力をもってそれぞれの専門分野で指導的立場に立つ職業人の養成及び既成の枠を超えて諸科学間の有機的な関連を獲得できる独創的な学問研究者の育成を目指す」という総合社会情報研究科の教育目的を果たすために,各専攻は次のような学生を受け入れる。

   <国際情報専攻> 
    国際情勢の帰趨と世界と日本のあり方に対する広い視野と鋭敏な感覚を持ち,経営・経済・政治・行政・国際関係・言論等の分野で,指導的かつ先端的な役割を担う人材として,国際化・グローバル化の現代課題に自主的に取り組むことを目指すもの。
   <文化情報専攻> 
    言語と文化の教育,文化翻訳,異文化間コミュニケーション等の領域において文化の受信・発信・媒介のエキスパートとして,より良いグローバル・コミュニティの創生に寄与することを目指すもの。
  <人間科学専攻>
    思想・教育・心理・医療・安全・スポーツ科学にいたる諸領域において,現代社会に内在する問題について論考し,問題解決に取り組むことを目指すもの。

 教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)
 「現代社会の種々の活動領域で,高度な専門的かつ総合的な認識力・判断力をもってそれぞれの専門分野で指導的立場に立つ職業人の養成及び既成の枠を超えて諸科学間の有機的な関連を獲得できる独創的な学問研究者の育成を目指す」という総合社会情報研究科の教育目的達成に向け,各専攻・各コースにおいて,次のような方針で教育課程を編成し,コースワーク重視の教育を行う。

  <国際情報専攻>
    経営・経済コース:国際的なビジネス領域で,自主性を重んじ指導的な役割を演じる能力を養う。
国際(関係)・政治コース:環境,安全保障,開発,政治,ジェンダーなどのグローバルな課題を国際市民の視点から研究し対応する力を養う。
  <文化情報専攻>
    文化研究コース:文学,文芸,映画,マンガ・アニメ,パフォーマンス等,多様な文化的所産を歴史社会的文脈において的確に理解する文化リテラシーを高め,文化翻訳者としての力を養う。
言語教育コース:国内外において様々な形で言語教育に関わる教員に最新の言語教育理論およびICTを活用した指導法を教授し,実践力強化のためのリカレント教育を行う。
  <人間科学専攻>
    哲学コース:人間の生き方と社会のあり方を追求する知力を育成し,現代社会の問題や人間の根源・幸福についての論考を進める。
心理学コース:心理学について十全の知識・認識を基盤にして,現代社会の根本的な課題とニーズに対応した問題解決のための検証能力をもった人材を育成する。
教育学コース:教育現場で諸問題に対応できる理論的裏付けを持った実践的な対処策を策定・実施できる人材を育成する。
医療・安全学コース:医療・福祉,産業保健,および生命科学に関わる分野,さらに数理モデルを応用した安全学に関する分野において,ヒトの健康の向上とリスク管理や安全教育のための支援システムを構築し,遂行できる人材を養成する。
スポーツ科学コース:スポーツ科学理論を基盤に,スポーツの現代社会的問題を研究し,対応できる人材を養成する。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)
 「現代社会の種々の活動領域で,高度な専門的かつ総合的な認識力・判断力をもってそれぞれの専門分野で指導的立場に立つ職業人の養成及び既成の枠を超えて諸科学間の有機的な関連を獲得できる独創的な学問研究者の育成を目指す」という総合社会情報研究科の教育目的完遂ために,博士前期課程においては,以下のような知見と能力の修得を単位修得および修士論文によって例証した者に学位を授与する。

  1)当該研究分野における理論,方法,情報に関する専門知識と自律的研究遂行能力
2)研究成果を国際社会・地域社会に還元するための情報発信力
3)変化する社会環境や多様な価値観を読み解き,正当な批判と評価を行う判断力
4)地球市民としてのモラルを修養し,公民社会の構築維持に寄与する実践力
     
 審査方針
   論文審査にあたっては,下記の審査項目に基づいて行う。
    1)研究主題,理論,研究方法,情報収集・処理の妥当性
2)論旨の明確性および独創性
3)論文の統合性および論証の一貫性
4)構成,形式,表現,表記の適切性