専攻案内

■博士前期課程

国際情報専攻  経営・経済コース/国際(関係)・政治コース
 本専攻は、地球市民的な発想に基づいて行動する人材の育成をはかります。具体的には、1)広い視野と新鮮な経営感覚を有する人材育成を目標とする経営・経済コースと、2)グローバルな視野と豊かで柔軟な国際感覚を持つ人材育成を目標とする国際(関係)・政治コースを提供します。そこでは、研究領域の最先端の知識・情報を通して、地球規模の課題、特に現代的な課題に関して、地球市民的な視点から、分析し課題解決に取り組む力を備えることがねらいです。【教員一覧】 【科目一覧】

文化情報専攻  文化研究コース/言語教育研究コース
 本専攻では,多文化・多言語化する現代社会における文化の諸相および役割を学際的かつ超域的に研究します。その知見によって,各地域・各領域における文化力を向上させ,多様な文化間のコミュニケーションと連携,共生を推進する人材の育成を図ります。
 カリキュラムは,1)文化研究コース,2)言語教育研究コースの2コースで構成されています。前者では文学,演劇,映像,メディアなど,様々な文化の所産や現象について研究を深め,また,翻訳の理論と実践,多様な文化間の情報伝達や相互理解についても学ぶことができます。後者では,言語学習・教育についての最新の理論を踏まえ,ICTを活用した言語指導・学習方法を学び,様々な文化的背景や習得レベルの学習者を対象とする言語教育実践力の向上を目指します。【教員一覧】 【科目一覧】

●人間科学専攻  哲学コース/心理学コース/教育学コース/医療・安全学コース 
 本専攻では、教育・公共機関および企業等、現代社会のニーズに対応すべく人間存在の基本問題について十分な理解力を持った人材を育てることがねらいです。
 開設科目は,心理学特講を必修とし,1)哲学コース(哲学史特講,宗教哲学特講等),2)心理学コース(心理学史特講,心理学研究法特講等),3)教育学コース(生涯学習論特講,教育心理学特講等),4)医療・安全学コース(健康科学特講,安全学特講等)
の4コースに大別されます。【教員一覧】 【科目一覧】

■博士後期課程

●国際情報分野
 本分野では,国際人としての知識・学問を身につけるため,幅広い科目が配置されています。この分野は包括的なテーマが多いと考えられ,グローバル化・情報化の進展とともに,マルチディシプリナリーな見地からの検討が必要であるため他分野とも関連づけて研究します。研究内容には国際経営(経営・産業),国際経済(経済・金融),国際地域研究(政治・外交・国際関係)があります 。【教員一覧】 【科目一覧】

●文化情報分野
 本分野では,社会と文化に関わる情報を的確に読み解き,好ましいグローバル・コミュニティの形成とグローバル市民の育成に寄与できる研究者,教育者,専門家を養成します。研究領域は比較文学,日本文学,英米文学,文芸思想,言語学,コミュニケーション論,第二言語習得論等ですが,いずれの領域であっても,学際的,超域的研究が推奨されます。学生と教員は多元的社会と多種多様な文化の理解を深め,文化の翻訳者として,また文化情報の受信・発信者としての能力を高めるべく,協働して研究に取り組みます。【教員一覧】 【科目一覧】

●人間科学分野 
 本分野では、人間存在の根本問題への理解と認識を推進することを教育研究の主眼としています。人間存在そのものが置かれている現代的な問題状況に関する学問的探究を学際的な立場から深化・発展させるように研究領域を大別し、人間存在と人間本性の根本的把握という課題に照準して科目配置を行っています。研究内容には、心理学、医療・健康、教育及び哲学・宗教があります 。【教員一覧】 【科目一覧】

【履修方法】:専門分野を含めて12単位(3科目)以上を修得する必要があります。
【修了要件】:3年以上在学し、必要な研究指導を受け、博士論文の審査及び最終試験に合格すると、博士の学位(博士(総合社会文化))が与えられます。