河嶋孝先生


◆担当科目の概要

 「行動分析学」は、学習心理学者であったスキナーが発展させた心理学の一つの分野である。行動分析学が取り扱う領域は、人間や動物を対象とする実験的研究や、学校の教育、喫煙など問題行動の修正、知恵遅れや認知症など障害者の行動修正というような、多くの応用分野を含む。この科目では、行動分析学の基本原理を学んで頂く。  「比較心理学」は、最近では比較認知科学とも呼ばれる。人類以外の動物がどういう能力を備えているかを調べた諸研究を学んで頂く。

◆学生に望むこと
 何よりもまず基本教材をよく読むこと。レポートの課題に関して、基本教材や指定した参考書以外の資料を参照してお書きになる例があるが、そういう論文や本には、行動分析学に関する理解が不十分なものがある。まずは基本教材を十分に読んで頂きたい。質問メールを歓迎します。