荒関仁志教授

「暇があれば,「安くできる蘭栽培」という本でも書こうかなと思います」

Q.趣味,休日の過ごし方は?
 蘭の栽培ですかね。もちろんLANの栽培ではありません(笑)。とはいえ,特に蘭が好きで始めたわけではありません。蘭といえば高価な印象があると思いますが,実はそうでもないんですよ。確かにピークである1月から3月頃にかけては数万円の値段がつきますけども,それを過ぎた4月や5月になると,半分枯れかけたような蘭を1000円程度で買えるんです。私が買っているのも,このような半ば捨てられているようなものです。ですから,高くて数千円以下だったりします。ただで貰ったことさえありますよ。そんな私が最初に蘭を買ったのは,花屋の店先でそんな旬を過ぎた蘭を見かけたのがきっかけですね。盛りを過ぎてみすぼらしくなった蘭が,私の心に「買ってくれ」と訴えかけてきたんですよ。いやまあ,なんだか可哀想に思えたんでしょうね。この蘭という植物は,調べてみますと植物の中でも最後の方に出てきた種なんですよ。そのせいか虐げられた環境でも,結構育ちます。冬でしたら,1ヶ月水をやらなくても大丈夫なものもあるくらいです。最初はそんなぼろぼろの蘭だったとしても,1年間育ててやればきちんと花を咲かせますよ。そんな経緯で蘭栽培を始めまして,今ではもう数十鉢にもなってしまいました。一時はその写真を撮ってホームページで公開したりもしましたが,現在は忙しくて出来ていません。また暇があれば,「安くできる蘭栽培」という本でも書こうかなと思っています。皆さんが思っているより,実はずっと安く栽培できますからね。
 またそのほかに山を歩いたり,星を見るのも好きですね。一応,今でも天文中年ですから(笑)。

Q.志望者に向けて,一言お願いします
 この大学院はコンピュータが使えないとやっていけませんから,それに不安のある方,またさらにレベルアップしたい方にはぜひ受講して欲しいと思います。実際問題として,何かとコンピュータに対し不安を抱いている方もいらっしゃるかもしれませんが,その心配はいりません。元々コンピュータというのは,『習うより慣れろ』的な部分があるんですよ。実際に経験してみれば,理解できると思います。
 また,これは人の受け売りなんですが,『本や資料を調べて分かるのが文明』,『実際に体験して分かるのが文化』だと言われていますから,その意味では,コンピュータは立派な文化だと思います。文明と違って文化は継承していくものですから,実際に体験し,それを伝えていかなければ繋がらないものなんですよ。たとえば料理文化など,本だけで勉強したところでたかがしれてますよね。それと同じく,コンピュータも文化です。解説書を読むより,実際に接する方が遙かに理解できると思います。

Q.学問とは?
 あまり「学問」を考えたことはありませんね。好きだからやっているというのが,正直なところでしょうか。また逆に,好きでやれるなら何でも学問であるように思います。寝食を忘れて打ち込んでいる分野がその人にとって「学問」なんだと思います。決して偉い先生が書いた偉い本が学問だとか,そんなことはありませんよね。ふと見かけた道ばたの草について研究することだって,立派な学問です。ですから私にとって「学問」と言ったら,すなわちそれは興味の対象ですね。私が面白いと感じたものが,私の学問です。