泉龍太郎教授


普段からの信頼関係が構築出来ているかどうかが大きな鍵となります。

Q.担当科目の概要についてお教えください
 「健康科学」,「運動生理学」,そして「産業衛生学」の3科目を担当しますが,これらの科目に共通して言えることが3つあります。まず第一に,いずれの科目でも,その基礎となるのは人体生理学,認知行動科学であり,このような基礎知識を踏まえることが重要です。第2に,いずれの分野においても個体を取り巻く外部環境との相互作用が大きな影響要因であり,その視点を忘れないようにすることが大切です。3番目は,それぞれの科目で何らかの課題に取り組む場合に,個体としてのヒトに対するアプローチだけでなく,その個人が所属する組織,例えば職場や地域社会としてどのように取り組むか,という観点を持つことも非常に大切なことです。特に近年では,遺伝子解析や分子細胞生物学の技術が大きく進展し,また医療に関連する分野ではエビデンスに基づいた診療行為や倫理的配慮が前提として考えられています。これらの最新の知識を踏まえて,リポートや自分自身の課題の取り組むことが重要だと思います。
 「健康科学」ですが,日本は高齢化社会を迎え,年齢を重ねても如何に健康に過ごすかということが,社会的に大きく注目を集めています。WHOの定義にもあるように,病気が無いことだけが健康の条件でなく,また逆に持病を有していても健康的な生活を送ることも可能です。健康とは何か,健康を維持・向上するためにはどのように取り組んだらよいかを考えて行きたいと思います。
 「運動生理学」は「健康科学」を支える一つの重要な柱ですが,自分自身の活動を含め,身の回りで行われている身体活動が,実際には人体にどのような影響を及ぼしているのか,という観点から人体生理学を深く掘り下げて行きたいと考えています。また応用問題の一つとして,「宇宙環境」を取り上げ,このような特殊な環境に適応し,そこで健康的に活動するためにはどのようなことを考えなければならないかも,勉強したいと思います。「産業衛生学」も「健康科学」に密接に関連しますが,この課目では実際に皆さんが働く職場において,どのような危険が潜んでいるのか,またそれらのリスクにどのように対処すれば良いのか,心身両面でストレスフルな環境で,如何に健康を保ち,さらにはどのようにしたら楽しく仕事が出来るのか,最近の社会情勢を踏まえ,また科学的なアプローチを通して,勉強して行きたいと考えています。

Q.先生のゼミの特色・院生のテーマは?
 社会での活動を続けながら勉強されている方が大半ですが,特に医療系であれば,日々の活動の中で,疑問に思うこと,改善したら良いと思うこと,あるいはもっと勉強したいと思う課題が必ずいくつか出て来るはずです。そのような自分が体験した疑問点やアイデアを大切にし,深く掘り下げて勉強を重ねることが,本人の研究テーマとなり,知識や経験の積み重ねになると考えています。

Q.オフラインのエピソード。
 私が担当するゼミ生が取り組む研究テーマとしては,患者さんを含め,人体の生理・生化学的データを計測し,それを解析する課題が大半を占めています。そのため,学生さんが在籍している期間に,なるべく一度は学生さん本人が仕事や研究を行っている現場を訪れるようにしています。単に現場を見ることが出来るだけでなく,実際に一緒に仕事や研究を行っている回りのスタッフの方々とも意見交換ができ,またご本人が所属する病院や施設の環境を知ることも出来て,非常に有意義だと感じています。将来的には私一人が行くのではなく,機会が許せば何名かのゼミ生も集まり,あるいはサイバーゼミで繋いでみるなど,大勢が参加出来ることも考えられないか,模索しているところです。

Q.インターネットを使った通信教育についてのご感想は?
  日本大学での通信教育で素晴らしいと思うのは,単に通信を手段として使うだけでなく,実際に学生さんと顔を合わせる場を持つことを重要視していることです。
 宇宙機構で仕事をしていた頃は,宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士と如何にコミュニケーションを取るかが大きな課題で,必然的に通信システムを介した情報交換が大きなウェイトを占める訳ですが,その際,普段からの信頼関係が構築出来ているかどうかが大きな鍵となります。また宇宙ステーションでなくても,地上で他の海外機関等としばしばTV会議や電話会議を行いましたが,その際でも,顔を合わせたことがある相手かどうかで,会議の印象や効率がかなり違って来ます。通信教育は,時間と場所の壁を越えられることで非常に便利なシステムですが,その基本となるのは,お互いの顔の見える関係を大切にすることだと考えています。