丸森一寛准教授


「ビジネス・スクールでの勉強と実務における経験が,今の私を支えています」

Q.先生の経歴について教えてください。
 学部を卒業した翌年に公認会計士第2時試験に合格し,監査法人に就職しました。在職した6年半の間,さまざまな業種の会社の監査に携わりました。電力会社の監査では,真夏と真冬に火力発電所の燃料タンクに登って重油の計測を行ったり,燃料棒の実在性とその数をカウントするために(定期点検中の)原子力発電所の炉心に入ったこともあります。また,ゼネコンの監査では,建設中のビルの外付けエレベータで地上15階建てのビルディングに上がったり(実は高所恐怖症です。)地下5メートルのシールド工事現場に潜ったりしたことも,今では良い思い出です。

 監査の現場責任者として上場準備会社を株式公開させる仕事を最後に監査法人を退職し,経営全般の知識を身につけたいと思って慶応義塾大学ビジネス・スクール(KBS)に入学しました。交換留学生として派遣されたカナダのビジネス・スクールでの半年間を含めトータルで700を超えるケースディスカッションと,修士論文の作成で鍛えられたここでの2年間は,大変有意義なものでした。30歳を超えてから一生付き合える友人達と出会えることもでき,この時の勉強がなければ今の自分はない,と思っております。KBS修了後は独立して会計事務所を営み,その後監査法人時代の先輩や後輩とともに共同事務所を設立して今日に至っております。この間,会計監査や税務のほか,裁判所の選任による特許権裁判における計算鑑定人や民事再生における監督員弁護士補佐人,企業買収における企業価値評価と監査(デューデリジェンス),製造会社におけるABC(活動基準原価計算)導入支援,ゴルフ倶楽部の再建計画策定支援,など様々なプロジェクトに携わってきました。

Q.インターネットを使った通信教育についてのご感想は?
 
こちらの研究科で初めての経験することになるので,今から楽しみです。ただし,グローバル・ビジネス研究科時代でも講義以外の質疑応答の多くはメールを使って行っており,インターネット経由のコミュニケーションの適時性および有効性については大いに評価しています。今後は,ディスカッションが必要なMBA教育にも応用できるのではないかと,期待しています。