田中堅一郎教授


「(「産業心理学」は)応用の領域に分類され・・・
その領域で最も代表的な科目だと言ってよいかもしれません」

Q.担当科目の概要についてお教えください。
 修士課程で「産業・組織心理学特論」と「心理学特講」「調査分析特論」を担当します。博士課程では「産業心理学特殊研究」が担当科目です。
 まず,産業・組織心理学ですが,心理学と名の付く科目は多々ありますが,それらを基礎と応用に分けるなら,これは応用の領域に分類されるもので,その領域の中でも最も代表的な科目だといってよいかもしれません。
 この産業・組織心理学は,4つの主要なテーマに分けて捉えることが出来ます。そのまずひとつは,最近は社会的問題にもなっています,成果主義や業績主義といった人事評価の問題です。そこで,多くの従業員に納得してもらえるようなより良い評価方法を考えて,実際に検証していくわけです。企業の採用試験でよく使われるSPIとか,一時期流行っていた「コンピテンシー」も,ここに関連があります。
 続いて2つ目は,職場の労働条件に関する心理学的問題です。職場におけるストレスやその作業環境,そこから発生する問題を研究していくことも,産業心理学が扱う領域になります。
 また3つ目には,組織の機能に関する問題があります。従業員が生き生きと働ける生産性の高い環境を作るにはどうしたら良いのか,またそのためにはどうリーダーシップを発揮していけば良いのかなど,いわば組織を心理学的アプローチで分析する行為になりますね。経営学でもよくこの問題を扱いますけども,それとは視点が違います。
 そして最後に,販売活動や消費者心理についての問題が挙げられます。どうすれば相手に関心を持って頂けるか,こちらの考えを伝えられるか,それを受け入れて貰えるか,そして買って頂けるかという,実際の販売や営業の場面における心理学的問題ですね。またこれは同時に,心理学の基礎的な部分を扱った問題でもあります。
 私は2003年度からここで産業・組織心理学に関する授業を受け持つことになったわけですが,修士課程の皆さんには,前期で産業・組織心理学の概要を理解していただいて,後期には前期とは毛色の異なる内容のテキストを読んで勉強していただこうと思っています。
 博士課程では,研究課題に合わせて柔軟に進めていきたいと考えております。博士課程では,最新の研究事情がどうなっているかについて勉強することが大切だと思います。最先端の研究は,どうしてもアメリカから出ることが多いので,やはり英語の専門誌を読むことになりますね。博士論文を書きながらで大変だと思いますけれども,やっておいた方が絶対いいですね。例えば,自分のオリジナルアイデアだと思っていたら,実はもうオーストリアで2年前に論文になっていた(笑),なんてことは私にも経験がありますからね。
 もう一つの「調査分析特講」についてお話ししましょう。この科目の目的は,皆さんが研究で集めてきたデータをどのように分析するかについて勉強することです。私の専門は心理学ですけれども,心理学の研究というと,文献や資料をたくさん調べてまとめて研究しているのだろうと思われがちなのですが,そうではありません。「心理学特講」や「心理学史」という科目を勉強されればすぐにわかることですが,19世紀の終わりに科学的な心理学が誕生した頃にはすでに基礎実験が研究方法の基本だったのです。ようするに,心理学では実験や調査を実施して,データをとって分析して,その結果から新しい事実を発見する,というのが研究方法なのですね。だから,どうしてもデータの分析をどうするかも勉強しなければならない,というわけなんです。話が心理学に偏りましたが,この科目は心理学部門の皆さんだけではなく,実験や調査を行うつもりか,あるいはそうなりそうな方ならばすべてに対応できるようにと考えています。

Q.これまでに担当した学生の研究テーマについてお聞かせください。
 
私がこちらの大学院に赴任してからは,研究指導を担当する大学院生の皆さんの関心が職場や組織のあり方に向いているので,今のところ修士論文での研究課題もそれに関する内容になっています。2014年度に指導した修士論文のテーマでは,『メンタルヘルス不調の一次予防と職場のつながり』,『看護師の職務満足に影響を及ぼす組織コミットメント因子』などがあります。
 それから,2005年度からは毎年研究生として研究を継続される人が出ています。研究生や博士後期課程のメンバーが積極的に学会誌に投稿したり,自ら専門書を執筆されるようになったことも嬉しいことです。今後も修了生が学会や学会誌への発表を続けてくれると嬉しいですね。