松岡直美教授

Matsuoka,Naomi 個人HPへ ゼミ生の研究テーマ

■博士前期課程担当講義
文化情報論特講
アメリカ文化特講
特別研究
 
 
 
 
 
 
 
■主な学歴
1974年 津田塾大学学芸学部英文学科卒業
1979年 イリノイ大学大学院アジア研究科 修士課程修了(M.A.取得)
2006年 博士(国際関係)学位取得(日本大学)

■主な職歴
1990年 日本大学短期大学部助教授
1996年 コーネル大学大学院英文学科 客員研究員
1998年 日本大学短期大学部教授
2000年 日本大学国際関係学部教授
2006年 日本大学大学院 総合社会情報研究科教授

■主な学術論文
1999年 「抑制された表現―小説・映画『黒い雨』における語りの戦略」(共著)
       『ヒバクシャ・シネマ―日本映画における広島・長崎と核のイメージ』現代書館
2000年 “Pynchon and Oe: ontemporary Conspiracies and World War Ⅱ.”
      The Conscience of Humankind:Literature and Traumatic Experiences. ICLA.
2000年 「記号による物語化―アメリカ現代文学が織りつむぐ「日本」」
      『比較文学の地平』時潮社
2002年 Murakami Haruki and Anna Deavere Smith: Truth by Interview.
     Comparative Literature Studies,Vol. 39, No. 4.
     The Pennsylvania State University.
2003年 Nightmare Come True: Postmodern Paranoia and Terrorism.
      『知の新視界 』南雲堂
2004年 Ishiguro Kazuo and Shanghai: Orphans in the Foreign Enclave
      『国際関係研究』第25巻3号
2010年 「世界文学としての村上春樹―ポスト非宗教の文学」
     『キリスト教文学研究』第27号