2019 総合社会情報研究科(後期) パンフレット
15/22

特別研究指導教員紹介主な学歴1982年 ⻄南学院大学⽂学部外国語学科フランス語専攻卒業1988年 国⽴国語研究所⽇本語教育⻑期専門研修修了1991年 国際基督教大学大学院教育学研究科博⼠前期課程    (教育⽅法学専攻視聴覚教育専修)修了(教育学修⼠)主な職歴1988年 ⽂化外国語専門学校⽇本語科専任インストラクター1989年 産能短期大学留学生別科⾮常勤講師1991年 国際基督教大学教育研究所助手1991年 慶應義塾大学⽇本語・⽇本⽂化教育センター⾮常勤講師1992年 早稲田大学国際部(現⽇本語教育研究センター)⾮常勤講師1997年 早稲田大学国際教育センター(現⽇本語教育研究センター)⾮常勤講師2000年 フェリス女学院大学⽂学部⾮常勤講師2004年 ⽇本大学総合科学研究所助教授(研究所)2006年 ⽇本大学商学部 助教授(研究所)2007年 ⽇本大学総合科学研究所准教授(研究所)2011年 ⽇本大学大学院総合社会情報研究科兼担教員 准教授(研究所)2014年 ⽇本大学大学院総合社会情報研究科教授著書2005年 『新版 ⽇本語教育辞典』大修館書店(共著),2008年 『海外の⾮⺟語話者⽇本語教師に特化した教育支援環境の調査と研究』WIT出版(共著),2010年 『多⾔語によるe-learning⽇本語学習メディアを考える報告書』⽇本大学通信教育研究所(共著),2014年 『映像作品を利用した⽇本語教育の体系化と授業デザインの研究』エーエスエス(共著),ほか学術論文1991年 「外国語(⽇本語)の読解におけるメタ認知的技法の教授に関する実証的研究-アンダーラインの場合-」(単著)『教育研究』 34,1998年 「上級⼝頭表現能⼒養成⽅法の多様性 -コース設計基準を求めて-」(単著)『⽇本語と⽇本語教育』 26,2004年 「学習者同⼠のインターアクションにおける学びの実態」(共著)『⼩出記念⽇本語教育研究会論集』12,2008年 「海外の⾮⺟語話者⽇本語教師の教材使用状況に関する調査-⾮⺟語話者教師が求めるもの-」(共著) 『⼩出記念⽇本語教育研究会論集』16,2010年 「対話重視の映画・ドラマを使った⽇本語教育-多⾔語多⽂化学習者は何を学ぶか-」(単著)『2010世界⽇本語教育大会(2010ICJLE)論⽂集』,2012年 「多⾔語によるe-Learning⽇本語学習メディアに関する共同研究-専門科⽬を核としたe-Learning教材の試⾏と評価-」(共著)『東アジア⽇本語教育・⽇本⽂化研究』第15号,2013年 「⽇本語教育におけるCEFRの⽂脈化-短期交換留学プログラムの⽇本語参照枠として-』(単著)『複⾔語教育研究』第1号,NU-CEFR研究会,2013年 「映像作品を利用した⽇本語教育の体系化に向けて-海外における利用実態と教師の意識から-」(共著)『2012年度徳島大学国際センター紀要・年報』,2016年 「字幕翻訳で失われる要素 -⾔語教育との関わりを考える-」(単著)『⽇本語と⽇本語教育』 44,2016年 「映画に埋め込まれた⽂化に対する認識-異なる⽂化背景の⼈々は何を「⽇本⽂化」と捉えるか-」(単著)『東アジア⽇本語教育・⽇本⽂化研究』第19号,2018年 「⽂化翻訳が拓く異⽂化間コミュニケーション -⽂学、メディア・アート、パフォーマンスにおける事例研究-」『⽇本大学大学院総合社会情報研究科紀要』 No.18,2018年 「映像作品における翻訳しにくい⽇本語-⽇本語⾮⺟語話者の認識に関する調査から-」(単著) 『東アジア⽇本語教育・⽇本⽂化研究』第20号,ほか専門分野日本語教育学,言語文化教育,教育工学,視聴覚教育担当科目言語教育学特殊研究,特別研究指導保坂 敏子 教授Hosaka, Toshiko文化情報分野15

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る