2019 総合社会情報研究科(後期) パンフレット
2/22

日本大学大学院総合社会情報研究科の目的 科学技術の革新,社会制度の変革,知的パラダイムの転換等が急進展する状況下,現代社会の種々の活動領域で,高度な専門的かつ総合的な認識力・判断力をもってそれぞれの専門分野で指導的立場に立つ職業人の養成,及び既成の枠を超えて諸科学間の有機的な関連を獲得できる独創的な学問研究者の育成を目指す。ITの特性を最大限に生かして各人のグレードアップを図り,学際性と専門性との両立を可能にする教育を目的とする。 世界や社会の状況が大きな変貌を遂げ,また精神的,知的な枠組みが急激に転換しつつある中で,それぞれの専門領域において,総合性と専門性とを兼ね備えた高度な知見に立って主導的役割を演じる社会的職業人および学問研究者の養成を目的とする。1つの専攻を国際情報,文化情報,および人間科学の3つの「分野」に分け,高度な専門性を追求しながら,他分野の諸科学にも周到な注意を払い,専門性に見合う総合性の樹立を目指す。総合社会情報専攻/博士後期課程私たちの大学院は,通信制大学院のパイオニアです❶ ITを駆使する最先端のサイバー大学院❷ 多彩な専任教授陣と充実したカリキュラムを擁する大学院❸ 徹底した個別指導を行う大学院❹ 自分の関心を最大限かつ創造的に追求できる大学院❺ 世界と自己をあらたにする大学院2

元のページ  ../index.html#2

このブックを見る