布袋屋浩教授

Q.先生の経歴について教えてください
 日本大学医学部を卒業し医師国家試験に合格したあと、日本大学整形外科学講座へ入局いたしました。そしてスポーツ医学研究班に所属し、大学病院ではプロ野球、アメリカンフットボールなどのチームドクターや、ゴルフ、テニス、バレーボール、大相撲、陸上競技など、様々なプロ選手やトップレベル選手、社会人や大学生アスリートの診療に関わってきました。その後一般総合病院へ異動し、小児から高齢者までの幅広い年齢層の一般整形外科臨床に携わると同時に、スポーツドクターとして青少年のスポーツ障害からプロレベルに至るまで、多種多様なスポーツ外傷およびスポーツ障害を診療してきました。特に2000年より日本プロゴルフツアー機構指定医師として男子プロゴルファーの障害管理は現在も継続しており、多くのトッププロゴルファーの障害治療および予防対策を指導しております。これらの経験を生かし、2016年に新設されたスポーツ科学部ではスポーツ医学を中心にスポーツ生理学、機能解剖学、救急処置法、ドーピング論などを担当しております。  

Q.先生の研究テーマについてお聞かせ下さい
 
スポーツニュースなどでは選手の「ケガ」と「故障」がしばしば同じような意味で使われていますが、スポーツ医学の分野ではこれらを「スポーツ外傷」「スポーツ障害」と表現し、厳密に区別しています。「スポーツ外傷」とはいわゆる「ケガ」であり、練習や試合中に、骨や関節・靱帯・筋肉に対して急激に大きな力が働いて、骨折や脱臼あるいは断裂といった損傷を生じた場合をいいます。自動車に例えると交通事故による破損と同じです。一方「スポーツ障害」とは、練習のしすぎや局所の過度使用により、筋・腱・靱帯・骨が損傷や炎症を生じた場合で、いわゆる「故障」です。これは自動車ではオーバーヒートと同じ状態であります。なぜ区別が必要かといえば、臨床症状やレントゲン、MRIなどの画像所見では全く同じであったとしても、両者は原因が全く異なることから、当然治療法も違ってくるからです。交通事故による自動車の破損は、その箇所が修理されれば問題なく走行できるように、スポーツ外傷でもその損傷部位が修復され治癒すれば問題なくプレー復帰が可能です。オーバーヒートでも冷却されれば再び走行出来るかもしれませんが、同じ運転をしていればまたすぐにオーバーヒートを起こしてしまうでしょう。スポーツ障害も同様にスポーツを中止し安静にしていれば腫れや熱感、痛みは軽減するでしょうが、同じ運転の仕方、つまり同じプレーの仕方、同じ間違ったフォーム、あるいは同じ練習を繰り返していては、必ず再発します。従ってスポーツ障害の場合は発生している損傷や炎症の治療だけでなく、その原因を究明し、それを改善し、再発防止対策をしっかり立てることが必須条件となります。
 スポーツにケガや故障はつきものですし、場合によっては選手生命にも影響を及ぼします。しかしスポーツ医学の知識があれば、原因、病態および治療法の理解はもちろん発生予防も可能になります。そして解剖学的に正しい身体の使い方、正しいフォームを習得することで、合理的にスピード、パワー、持久性および競技能力のいずれもトップレベルに向上させることが出来ます。すなわちスポーツ医学的の役割は、単にケガや故障に対する治療やリハビリ、障害予防だけでなく、競技力向上も担っております。
 スポーツ外傷やスポーツ障害は、各競技種目によって、また年齢や性別、あるいは競技レベルによってもその特徴が違います。まずはこれらを詳細に調査し原因究明を行うことが重要です。これらを元に現在私たちは、ケガや故障が発生する前に予防するということを念頭に、今までの臨床経験とスポーツ医科学的見地から、ハイレベルなパフォーマンスが発揮できる、究極の「正しいフォーム」を追求いたしております。