小山裕三教授

Q.趣味、休日の過ごし方は
 趣味はゴルフです。ゴルフは年齢を重ねれば重ねるほどその年齢にあった技術を考える必要があり、コースマネージメントもその技術に左右されることから、生涯楽しめるスポーツだと思っております。またゴルフは身体を回旋させて行うスポーツであることから投てき競技と似通った運動形態を持っており、自身の指導の現場につながるようなヒントはないかとつい考えてしまうこともあります。
また、絵画鑑賞も趣味の一つであり、ジャンルを問わず見に出かけ、日本美術展覧会などにも顔を出します。また海外に行く際には時間があれば美術館に行くこともあります。

Q.志望者に向けて、一言お願いします
 自身の運動においても運動指導の現場においても運動に関する様々な疑問に出会います。そのような疑問について言語を用いて解決に導くことが容易なものとそうでないものがあるかと思います。言葉にならない知識や、情報というのは、実際の指導現場にあふれていますが、なかなかつかみどころがないのも現状です。このように動きたい、指導をしたい、感覚を伝えたいということについて詳細にその内容を検討し、何らかの形にするということは運動に携わる人間であればどのような人にとっても変わらぬ課題になりうると思います。本当に小さな出来事ことが、対象となる運動によっては大きな変化をもたらす場合もあります。そういった運動に関する感覚世界を理解することで、自身の運動や指導の現場における一助になるかと思います。