島田めぐみ教授

Q.先生の経歴について教えてください。
 1989年に日本語学校で非常勤講師として日本語を教え始めたのが日本語教育との出会いです。最初のころは日本語教育についての知識はほとんどありませんでしたので、教えるというよりも多くのことを学ばせてもらいました。習得のために「日本語」を学んだ経験がなかったため、すべてが新しい知識で、新しい知識を得ることに興奮を覚えました。そのころ、のちにハワイの日本語を研究するきっかけとなる出来事がありました。それは、ハワイ出身の学生からハワイでは「鳥肌」のことを「goose bumps」ではなく、「chicken skin」と言うと聞いたことです。その理由は、ハワイに多くいる日系人による造語だろうということでした。このような現象は、言語接触が生じている地域では珍しいことではありませんが、当時の私には衝撃的で、長い間忘れられずにいました。

 日本語学校で教えるうちに日本語教育を専門的に学びたいと思い、30歳の時に東京学芸大学の修士課程に進学しました。修士論文のテーマは指示詞の習得研究でした。修士課程修了と同時に、日本貿易振興会(現在の日本貿易振興機構、JETRO)で働くことになりました。大学院時代の先生が日本貿易振興会で開発していたJETROビジネス日本語能力テスト(現在のBJTビジネス日本語能力テスト)の開発に携わっていたためです。ここでテスト業務に関わったことが、言語テストについて研究するきっかけとなりました。3年半後、東京学芸大学で専任の職を得ますが、テストの研究は続けました。しかし、当時、テストや統計について学ぶ機会はあまりなく、講習会に参加したり、本を読んだりしながら独学で学んでいましたので、きちんとテスト理論を学びたいという思いが次第に募っていきました。そんなある日、偶然、のちに恩師となる先生から名古屋大学の博士課程に社会人特別選抜があると聞き、翌月には願書を提出し、進学しました。40歳の時でした。そして、現在に至るまで、言語テストについて研究を続けています。

 さて、1990年ごろ日本語学校で聞いた「chicken skin」について本格的に調べる機会はその後しばらくありませんでしたが、14年後ようやく実現しました。2004年から2005年にかけて8ヶ月ほどハワイ大学ヒロ校で研究する機会が得られ、日系人コミュニティに入れたからです。今でも年に1、2度ハワイに行き、調査を続けています。振り返ってみると、研究や仕事の多くは人との出会いで道が開かれました。これからも人とのつながりを大切にしていきたいと思います。

Q.インターネットを使った通信教育について,どのようにお考えですか?
 海外に住んでいる、仕事を持っている、子育てをしている、介護をしているなどで通学が難しい人はたくさんいます。通信教育は、そのような方々が学べる、すばらしいシステムだと思います。実際、私の指導学生は、海外で日本語を教えていたり、企業で働いていたり、子育てをされていたりします。そのような方々と、インターネットを通じて意見交換することを楽しんでいます。