清水享教授


フィールドからの研究

Q.先生の経歴について教えてください
 大学の学部時代は史学科で日本考古学を専攻してました。卒業後は少し出版社で働いた後に東京の葛飾区の発掘の現場で調査員として従事しました。 大学生のころから旅行が好きで、何度か中国に旅行したことがきっかけで中国の少数民族文化に興味を持ち、中国北京にある中央民族大学で漢語と少数民族彝(イ)族の言語を学びました。大学院に進学してからはこの彝族の歴史、文化、社会の研究を始めました。彝族は中国の四川省、雲南省、貴州省に居住している少数民族ですが、日本ではあまり知られていません。私は主に四川省涼山地方という彝族の地域にフィード調査に行っています。彝族は独自の文字を持っており、この文字で書かれた文書の調査なども進めています。この文書の調査では台湾の図書館でも調査をしたこともありました。彝族研究以外に雲南省で生態環境史に関する碑文のフィード調査をしたり、ラオスでランテンヤオの文書調査をしたりしています。  

Q.インターネットを使った通信教育についてのご感想は?
 
今まで通信教育部(学部)で、レポートとスクーリングによる授業を行なった経験はあったのですが、インターネットを使っての通信教育の授業の経験はあまりありませんでした。レポートによる指導では、対面でない上に封書でのやりとりとなるため、理解確認がうまくできなかったり、返答にタイムラグが生じたりしていました。そのためどうすればよりよい指導ができるか、さまざま考え悩んだこともありました。インターネットによる通信教育は、これらの問題の解決が進み、まさにリアルタイムで遠隔地における授業が可能となったと思います。ネットを通じてのサイバーゼミの対面授業とメールによる緊密なやりとりは、ネット環境さえあれば世界中で授業が行えるようになるということであり、これはまさにフィールド調査を中心とした研究方法を進めている私にとっても最良の授業ができる可能性を秘めていると思います。