鈴木典教授


Q.先生の経歴について教えてください
 出身が雪国山形県ですので、幼少期からスキー(クロスカントリースキー)に親しんで来ました。大学4年生までスキー競技を続け、その後、スポーツ科学の道を志したのはスポーツ科学を巧く応用すれば、アスリートの競技力向上に大きく貢献出来る可能性が高いと感じたからです。これまで、本学保健体育審議会スキー部コーチ、部長、(財)日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)、(財)全日本スキー連盟競技本部ナショナルチーム科学サポート部会等を歴任しながら、スポーツ科学の知見をアスリートの競技力向上に応用する具体策について研究を進めて来ました。主な研究内容は運動生理学的指標(酸素摂取量、心拍数、乳酸値等)に基づく、ひとりひとりのアスリートに至適なトレーニング強度の設定、スポーツ動作の映像解析による、運動効率の検討、高地トレーニングにおける生理的高地適応過程の評価とコンディショニング方法の呈示等であり、これらは今後も、スポーツ科学とスポーツ実践場面の融和を図る実践的な研究業務として継続して行きたいと考えています。