田嶋倫雄准教授

Q.担当科目の概要について教えてください。
 「第二言語習得論特講」では,母国語または第一言語以外の言語を学習することに関して,多くの側面からみる理論が存在するので,それらをつぶさに検討し全体像を概観することを第一の目標としています。さらに,第二言語や外国語学習者から得られる基本的なデータ収集方法や,主に統計手法を使った調査方法を習得し,自ら研究を実施できるようになることを目指しています。

 日本では,中学高校において,英語を外国語として学ぶことが多いかもしれません。その際の経験を踏まえ,自分なりにより良い学習方法というのがあるのではないかと,感じる人は多いと思われます。しかし,自分なりの考えが本当に最適な方法なのか,どのように判断したらいいのでしょうか。英語教員の立場から見ると,学習環境の違い,学習者の適性ややる気の違い,学習経験の違い,成長過程でどの言語で過ごしてきたかの違い,学習者の学習目的の違いなど,多くの要因が存在し一つの完全無欠な英語教育法というのは無いのが分かると思います。そういった中,より効率的な方法を探り出す手段として,実証に基づいた研究をこつこつと積み上げていき全体像を見ていくことが重要になってきます。「第二言語習得論特講」ではさまざまな側面から学習方法の長短を見定める作業を経験していきます。

 また,「英語教育学特講」では,教育方法論を概観しながら実践的に採用できる英語教育法のみならず,教育史や産官学連携の英語教育の実態なども概観していきます。

Q.先生の研究テーマについてお聞かせ下さい。
 
どのような習い事についても言えそうなことですが,本人の「やる気」と継続が物事の習得に大きく関わっていると思われます。私が着目しているのは,その「やる気」にはどのような側面があり,何種類あり,どのような関わり合いがあり,また英語の習得にどのように影響を及ぼし得るのかという点です。ただ好きだから続ける英語学習と将来の仕事で役立たせる英語学習とを比べた場合,その理由によって「やる気」に違いはあるのか,また習得に違いが出てしまうのかというのが,例として挙げられます。また,試験にうまく取り掛かれるだろうかという不安感は,学習に悪影響なのか,もしくは不安だからこそ学習者は努力をするのか,なども「やる気」に関わってくると思います。大きな視点で見ると,この「やる気」というのは人間生活上どの場面でも私たちの行動に影響を与えているといえそうです。これらの度合いを数値化し統計的に見て,より有効で効率的な英語学習方法を探り出していくという,長い道のりの作業を日々しているのです。