和田万紀教授


「手元にあるデータが「いとおしい」と思えるようになれば素晴らしいことだと思います。」

Q.担当科目を教えてください。
 (博士前期課程)社会心理学特講
心理学からのアプローチとして,社会心理学の基本的な枠組み,理論等の習得を目指します。そして,社会的存在としての人間について,様々な研究例から考察していきたいと思います。
 (博士後期課程)産業・組織心理学特殊研究
不適応や問題行動などにおける感情や行動の規定因について,社会心理学の基本的枠組みをもとにしながら,考察していきたいと思います。社会心理学の枠組みから,現実場面での経験や取り組みがどのように考察されるのか,また,現実場面での経験知がどのように社会心理学の理論や枠組みへとつながっていくのかを考えます。

Q.先生のゼミの特色・院生のテーマは?
 
自分が何に興味があり,何をしたいのか,を明確にすることから始めます。 そして,それが「心理学」の大きな枠組みのなかで,どのような方法で,論文として形あるものにできるのか,を考えていきます。その過程のなかで,心理学の面白さを感じていただきたい,と思っています。
 実際にデータを収集し始めると,慣れないうちは戸惑うかもしれません。それでも,目の前にあるデータを大切にしてください。手元にあるデータが「いとおしい」と思えるようになれば素晴らしいことだと思います。
 指導に際しては,可能な限り,直接的コミュニケーションを大切にしたいと思っています。

Q.先生の研究テーマについてお聞かせください。
 
人間の情動と行動についてです。遙か昔,卒論で,女性特有の不安と行動についての調査を行いました。女性が抱える特有の葛藤状況においては,世間一般に評価される目標達成行動も抑制されてしまうことがある,という少しショッキングな論文を下敷きにしました。この論文が私の原点です。そこから,行動を決定する認知的過程に興味が移りました。物事をどの様に捉えるのか,そのとらえ方によって次の行動が変わってくる,または,変えることができる,という考え方を基礎にしています。次に,人は何でも正確に物事を捉えようとするのか,正確に捉えることができるのか,という問題がありました。人の認知過程における動機や感情の効果に興味を持ったのです。これらを考える過程で,行動する自分自身を,自分はどの様に捉えて受け入れるのか,という根本的な問題に回帰しました。この問題は,現在,時間という変数を加えて継続しています。
 一方,この10年ほど,不安やストレスの低減にむけての取り組みとして,例えば香りや森林,高原といった環境要因のもつ効果を共同研究として行ってきました。これらの知見をまとめて,最近では,教育場面での応用や学習活動の評価をできないか,と考えています。